1月, 2011

新年明けましてあめでとうございます

date / 2011 . 1 . 28 9:49 AM

皆様、少し遅れましたが新年明けましておめでとうございます。

以下は施設長のエレデネ先生よりいただいた、新年のご挨拶メールと、新年を祝う施設の子供達の写真です。

去年新しく沢山の子供達が新しく施設に入りましたが、もう新しい生活に馴れたかしらと気になっていましたが、まだ会ったことのない子供達の笑顔も写っていて安心しました。

※※※※※※

~エレデネ先生からのご挨拶~

ベルナチャイルドサポートの支援者の方々を始め、メンバーの皆様に太陽の子供達の全員の先生達と子供達は心より暖かい挨拶を申し上げます。
太陽の子供達と保育園の100人の小さいの子供達をご支援しているベルナチャイルドサポートの皆様にいつもいつもご感謝がいっぱいです。

モンゴルと日本は遠くに離れているけれども、いつもモンゴルの子供達を暖かい兄弟の気持ちでご支援していることにも感謝しています。子供達は今まで元気に成長しているのはベルナチャイルドサポートの皆様の力のお陰と思います。今後とも子供達を宜しくお願い致します。

 

1月, 2011

新年明けましてあめでとうございます

date / 2011 . 1 . 28 9:49 AM

昨年2010年11月26日に

杉並区本應寺で太陽の子供達を迎えてイベントを行いました。

 

大きな会場とは一味違った菩薩様に見守られながらの贅沢な空間での密度の濃い時間でした。

 

まずは上人のご挨拶から。

 

そして、盲目のバイオリニスト穴澤雄介さんの素晴らしい演奏。

この音色をどうしても子供達へプレゼントしたかったのでした!

透明で魂に響く穴澤さんのバイオリンの音色に子供達も先生方も息を呑んで聴き入りました。

穴澤さんの語る厳しかった生い立ちや揚々な障害を乗り越えて夢を叶えていらしたお話も素晴らしかった。。

 

そして夢にみていた上人とエレデネ先生の対談

国は違っても

本当に素晴らしいミッションを実際に生きて活動されていらっしゃる二人。

 

子供達からはお世話になった日本の方々へ感謝をこめて、演奏のプレゼント!

美しい馬頭きんが響き渡りました

踊りも披露してくれました

 

最後に、子供達全員が瞳を輝かせて「将来の夢」を語り【生きてこそ】の大合唱!

感動の一時が終わりました。

 

そして、翌日11月27日

成田空港でお別れ

 

本当にずっと笑顔でベストを尽くしてくれた子供達!

沢山の感動をありがとう!

以前は、涙涙のお別れでしたが、本当の家族のようにまたすぐに会えると信じているからでしょう。

またね!と再会を約束し、ハグの嵐のあと、みんなで笑顔で見送りました!

1月, 2011

新年明けましてあめでとうございます

date /  9:49 AM
関西のイベントを主催して下さった乗本奈穂美さんから! date / 2011 . 1 . 21 12:40 AM昨年6月、はじめて10才の娘、みろくを連れてモンゴルにいきました。
そのとき、ドヤーとインヒチュンの里親になりました。
娘が二人もふえて嬉しい~(*^_^*)

そして、11月はじめて関西に太陽の子どもたちを呼ぶことができました。
念願の関西でのコンサートを多くの方のおかげさまで、大阪中央公会堂で開催することができ、感謝でいっぱいです。
翌日は、みろくの小学校でも交流会が、できました。
我が家には、見事な曲芸を披露してくれたガンディーとバドマと日本初来日のウヤンガがホームステイ。
おばあちゃん宅(私の母)には、エレデネ先生たち4名が滞在。
奈良の大仏殿や奈良公園の鹿を見たり、4泊5日の夢のような楽しいふれあいの日々、関西滞在でした。
ホームステイをご協力してくださった方々に心より、感謝いたします。

なにより、嬉しいのは、関西に子どもたちの里親がたくさんふえたことでした!
関西親バカ会発足。
月に一度は、皆で集まり、コンサートのDVDを見たり、モンゴルの我が子自慢をしています。

生まれてきてくれて、ありがとう!
みんな、愛してるよ~
バヤルララー(*^o^*)
Love All,Serve All
乗本奈穂美

1月, 2011

新年明けましてあめでとうございます

date / 2011 . 1 . 28 9:49 AM
女の子二人の里親になられお世話くださった小田篤子さんから感想メールが届きました。
写真は子供達から、サプライズでお誕生日祝いの寄せ書きをプレゼントされた感動のショットです!
↓↓↓↓
まさしく、『天使』が舞い降りた4日間でした!
正直、期待より不安の方が大きかった気持ちが、彼らに会った瞬間 激変しました。
彼らの屈託のない満面の笑顔が全ての不安を一瞬で吹き飛ばしてくれました。
4日間、本当にあどけなく可愛い素顔の彼らと過ごさせてもらえたことで、舞台に立った時の彼らの凄さと素晴らしさが、より大きな感動になりました。
「会いに来てくれてありがとう」と伝えたいです。本当に不思議な魅力を持った『太陽の子どもたち』に 会いたくて会いたくて 日に日にその想いは増すばかりです。
ウンダルマーとトヤーがうちの子です。
尾田篤子

1月, 2011

新年明けましてあめでとうございます

date /  9:49 AM
大和昌徳さんが、昨年制作されたビジネス冊子「みんなでよくなる!成幸ノート」の売上げから、ベルナチャイルドサポートに10万円ご寄付いただきました。

ご自身もご家族を大切にされる良きパパですが、モンゴルの子供達へも関心と愛情をもっていただき感謝します。

1月, 2011

新年明けましてあめでとうございます

date /  9:49 AM
ノーツアーとバターが「おかあさん」「おかあさん」と呼んでくれるので、通訳のテムルン先生に聞いてみたら「本当におかあさんと思っている」と教えてもらいました。
その時に、「おかあさんスイッチ」が入りました。2人が可愛くてたまらない! 息子が4人に増えました。
たくさんの人から感動したと言っていただいたコンサートの夜には、2人がお布団で気持ちよさそうに寝ている姿を見て、
「太陽の子どもたち」で先生や日本の里親さん達に会えるまでは極寒のモンゴルでどんなに過酷な環境にいたのだろうかと思い、
「生きていてくれてありがとう」と感謝の涙が出てきました。
何かできることがあればと里親になりましたが、逆に、子どもたちから幸せをいっぱいもらいました。
これからも自分がいいと思ったことは素直に行動していきたいと思います。
山口順子

1月, 2011

新年明けましてあめでとうございます

date / 2011 . 1 . 28 9:49 AM
去年2010年11月、大阪でのイベントで素晴らしいお話をいただきました杉並区本應寺上人。
東京では子ども達と先生方、総勢17名と関西から駆けつけてくれた里親の皆さんまで温かく受け入れ宿泊させてくださり、特別に念仏クリスタルヒーリングなども子供達に体験させてくださいました。多くのスタッフの皆様と子供達で作って皆でいただいた食事も楽しい思い出になりました。
また本應寺の上人から施設のためにいただいたご寄付10万円で、孤児院「太陽の子ども達」のボロボロに傷んですきま風が入っていた施設のドアを3カ所修理させていただきました!
本当にありがとうございました。
以下、施設長のエルデネ先生からのお礼のメールです。
↓↓↓↓
辻さん
こんにちは。
新しく直したドアの写真を添付いたします。
ドアを3つ買いました。
まず男の子供達の施設の、外側と内側に2つをドアを新しくしました。
内側のドア
外側のドア
外側から見た全景
そして、もう1つのドアを買いましたけれども、まだ取り付けていません。
理由は、今、モンゴルは-20度以下です。
こんな寒い時はドアをつけられません。
コンクリートが固まって、氷になってしまうからです。

1月, 2011

新年明けましてあめでとうございます

date /  9:49 AM
同じく、昨年11月に初めて太陽の子供達に出会い、『里親』になって下さった榊原啓子さんからです!!

『初めて会ったのに、どうしてこんなにも、いとおしく感じるのか不思議です。
おかあさんと呼ばれて、すごくうれしい!

どんなときも一生懸命で、なんでも楽しむ彼らから、生きるって楽しい!って、気づかされました。』
榊原啓子

1月, 2011

新年明けましてあめでとうございます

date /  9:49 AM
去年の11月、「太陽のこども達」の来日コンサートで初めて里親としてホームステイに協力いただいた吉村美奈子さんから、写真付きでメッセージいただきました。
遠いモンゴルと日本で新しい大切な家族ができるなんて素敵ですね!

↓↓↓↓
彼らと出会い、忘れかけていた感情を呼び起こされました。
愛は溢れてくるもの、感情を伝えるのは言葉じゃないのだと教えてもらいました。
モンゴルに息子ができた事で私達家族の変化は大変!!
パソコンや携帯の待ち受け画面が、孫から彼らに代わり、自宅にモンゴルコーナーを作り、毎日のメールチェックが日課になっています。
写真やビデオを見ては「元気にしてるかなあ」と話していて、親バカと言われています。
離れて暮らすしかないけれど、彼らは私達の家族で、彼らが愛おしくて仕方ないのは親だから当たり前だと話しています。

今は彼らを産んでくれたお母さんに心から感謝し、彼らが生きていてくれた事に「ありがとう」です。

出会わせてもらえた事に「ありがとうございます」です。
バヤラーからきたメールが宝物でお守りにして持ち歩いてるのですが、一部を。
〓OKASAN,ARIGATOU..,WATASHIWA KAZOKUZENBU AISHITERU〓

関西の親バカの輪がもっともっと広がるよう願っています。

1月, 2011

新年明けましてあめでとうございます

date / 2011 . 1 . 28 9:49 AM
11月19日に大阪で太陽の子どもたちコンサートを行いましたが、その時皆様から募金箱にいただいた貴重なお金が総額235,209円集まりました。
その中から20万円を「24時間保育園」と「障害児施設」の子どもたちの冬服や靴代として送らせていただきました。
 
皆様の温かいお気持ちが、子どもたちの冬を暖かくしてくれました。
感謝いたします!
 
【24時間保育園の小さな子供達のクラス】
タグが付いたままで可愛い!!
 
【24時間保育園の大きな子供達のクラス】
 
【24時間保育園】
マイナス40度になるモンゴルの冬も、これなら暖かく過ごせそうですね!
 
【障害児施設の子供達】
ご両親達も嬉しそう!