活動報告ニュース

新音楽館オープンセレモニー

date / 2011 . 10 . 25 21:55

待望の音楽館ができ、今日(10月12日)はそのオープン記念セレモニーです!

関係者や卒業生、なんとテレビ報道人まで駆けつけてくれました。

今日を迎えるまで子供たちも一生懸命手伝いました!

関係者挨拶のあとテープカット!

この日のために力をつくされたエレデネ先生も満面の笑みです!

卒業しモンゴル国立芸術大学に通う子供たちも交えて、素晴らしい演奏や躍りやアクロバットが観客を魅了しました。

この場所から新しいスターが生まれ、また子供たちが優秀な教師となり、音楽学校としても使われます。

人々の表情が希望に輝いた記念すべき一枚です!

障害児童施設

date / 2011 . 10 . 18 19:12

この施設は、国の指導と素晴らしい園長の協力により新たな試みを実施し成果をあげ、最近、ダルハン市全ての幼稚園の中でトップ幼稚園として表彰を受けていました。

具体的方針としては、障害を持つ児童と、24時間体制で預かる極貧の家庭の子供と、普通の家庭の子供を、同じクラスで共に保育を始めていました。

障害をもつ子供には素晴らしい刺激となり、健常児は助けることを学ぶ最高の機会を得ました。

この男の子はやっと歩行機で歩けるようになり、私達に見てほしくて一生懸命歩いてくれました。

女の子も見違えるように背が伸びてゆっくり歩いて見せてくれました。

 

幼稚園二つめの取り組みは、栄養に気を付けた食事や医師によるマッサージ、両親の教育などに注力し、薬を一切使わない方針を貫いています。

伝染病もほとんどないという驚きの実績をあげています。

クリスタルボウル・ヒーリングは、子供たちだけではく、事務の人や給食を作るコックさんまで一緒に受け、とても素晴らしいバイブレーションだったとカンタさんもおっしゃっておられました。

たて肘で一生懸命カンタさんを見ていた男の子はこんな姿で爆睡!

撮影隊として大活躍の浅羽さんを一目見た時から、一時も離れようとせず、ずっ~とズボンの裾を持ってついて回った男の子。

 

「逆に癒された~!」と浅羽さん!

クリーニング大作戦!

date / 2011 . 10 . 17 17:46

24時間体制で月曜日から金曜日まで極貧で子供が育てられない家庭の幼児を保護し、週末だけ親元に返す活動をしています。

この父親は奥さんが二人の息子を置いて失踪。。。

細々と僅かな仕事をしつつ孤独と貧しさで生きる力をなくしていました。

 

ナートさんの

「子供だけ保護してもダメ!親こそ愛を必要としているのだから!」の言葉で、まずは家と服装を綺麗にすると元気がでるに違いない!と、クリーニング大作戦を決意!

ザハ(市場)で、皆それぞれが必要なものを手分けして買い出し!

上人は暖かそうな上着を買ってくださいました!

片付けスタート!

山のような段ボールを敷き詰め汚れきった床を掃除!

息もできない程の埃と土。

「太陽の子供たち」卒業生で社会人のガンバが壁を塗ってくれた。

お父さんが人が変わったようにパワフルに掃除を手伝い始めた。

希望があれば人は力がみなぎるのだ。

部屋の片隅にダライ・ラマのカレンダーを貼っていたのを発見!

数珠もお香セットもボロボロだけど持っていた。

祈る気持ちを持っていたのだ!

床を敷き詰める前に、塗香を土に撒いて場を浄めた。

一瞬で変わるのがわかる。

ダライ・ラマをセンターに張った!

 

遂に完成!

上人が、南無阿弥陀仏のお経で場を浄め、彼の魂を浄めてくださり、続いてナートさんの祈り、それから全員でこの親子のために祈った。

「感謝します」とやっと皆に言えたお父さん。。。

「子供が週末帰ると喜びますね!」と言うと、お父さんの瞳からポロポロ涙が溢れもらい泣き。。。

 

上人の買ってくださったジャケットと、ずっと撮影してくれた浅羽さんのセーターと帽子で、すっかり若返り初めて笑顔をみせたお父さん!

私達が嬉しく不思議なほどパワーアップして笑顔が伝染した!

息子さんの為にも新しくスタートしよう!

 

掃除と祈りの力を忘れないでね!

Angels !

date / 2011 . 10 . 15 16:41

現在、ベルナ・チャイルドサポートが支援している「24時間保育園」は3カ所になりました。

ここに通う子ども達はみんな、親が貧しくとても厳しい家庭環境で育っています。
底が全く無くなっている靴を履いている子もいたり。。。
衣服の支援も必要です。
10月を過ぎるとマイナス数十度の気温になるダルハンですから、今年も温かい冬服を早急に支援しなくてはなりません。

私たちが訪問した時には、泣いていた子もいましたが。。。。

クリシュナ・カンタさんのクリスタルボール・ヒーリングが始まると…….

 

とても素直に、みんな良い子で横になってくれて驚きでした!
私たちも保育園の先生たちも、子ども達の間に入って、クリスタルボールのバイブレーションを一緒に感じる事が大切です。
本当は、生きる気力を失った親達こそ一緒に体験する癒しが一番必要だとカンタさんはいいます。
次回への課題です。

 

しばらくバイブレーションに包まれていると、全員がすやすやと寝息をたてはじめます。
クリスタルのパワフルなバイブレーションが、70パーセント水で出来ている私たちの身体の細胞に共鳴し、心身ともに深いリラックスをもたらし傷をいやしてゆきます。

 

この子は、右腕にひどい火傷を負ってしまい、ケロイド状になって肘が完全には伸びなくなってしまっています。
カンタさんのすぐ目の前で横になっていたら、すぐに気持ち良さそうに熟睡してくれました。

 

カンタさんは、ローズクオーツのボールから何度も繰り返しバイブレーションを送り治療をしてくださいました。
演奏が終わると、みんなカンタさんの周りに集まってきて、初めて見るクリスタルボウルや楽器に興味深々でした!

 

目覚めた子ども達や先生方も素敵な Angels’ Smileで輝いて教室は 幸せな空気で一杯になりました!
カンタさん、沢山の愛をありがとう!