9月, 2013

植樹のその後

date / 2013 . 9 . 29 10:21 PM

何かと嬉しい事が多い訪問でしたが、毎回、気になるのは植樹のその後。

2012年の初夏、ソロプチミストの皆様にダルハンまでお越しいただき、施設の庭に実のなる木やモミの木を植樹いただきました。

 1048

しっかりと根をはってくれていました。ここモンゴルでは、厳しい温度差のある気候ゆえに植樹をしても枯らさずにいるのは、大変難しいそうですが、冬の寒さをこらえた木々たちが、そろって元気に育っていてくれました。

1057 (2)

1055

 子どもたちが喜ぶように選んだ実のなる木もあります。その実を結ぶまではまだもう少し時間がかかりそうですが、どの木もしっかり根を張って葉をつけている様子にいたく感動しました。

1061 (2)

 薄紫の小さい花はモンゴルの短い夏に咲く花でしょうか、

庭にいくつも可憐な花が咲いていました。

9月, 2013

植樹のその後

date / 2013 . 9 . 29 10:21 PM

奨学金授与を終えた後、大学生の代表で4年生になるバンブーがスピーチをしてくれました。

「今、勉強している専門を、もっと頑張っていいところに就職して、施設の小さい子どもたちの為に私たちは頑張ります。

私の個人的な思いですが、今、皆さんの支援で施設を卒業した全員の大学生でグループを作り、そのグループのみんなでお金を集めて1人の子を毎年(大学の学費を)支援していく夢を持っています。

もっと頑張って大学を卒業します。」

2321

奨学金授与式のあと大学生たちが早速グループを作り、グループの代表にはウランバートルの大学で学ぶボロロという女の子がなりました。

そして、全員がおこづかいでもらった3万トゥグルグの中から1万トゥグルグを集めると決めたのですが、新学期の文房具の購入などに使って欲しいので、それは止めました。学生たちは、日頃からつつましい生活をしています。

みんなが就職し、力を合わせて、夢を叶える日を応援したいと思っています。

1702

写真は約40人の子どもたちが暮らす施設の夕焼け。

卒業生たちにとって休みの日に帰る大切な家でもあります。

 

 

 

 

9月, 2013

植樹のその後

date / 2013 . 9 . 29 10:21 PM

奨学金授与の夜、大学生たちから私たちに嬉しいサプライズ・パーティがありました。

夕方、大学生たちはこっそりダンスを練習してくれていました。

男装・女装してノリノリで登場する大学生たちに、みんなで爆笑、ダンスやコントと芸達者な卒業生たち。その後小さい子も飛び入り参加し、大盛り上がりでした。

 808

最後は全員で「Smile」という曲を合唱。

6月の関西コンサートの開催にあたり、お世話になった方々や、担当する場所からはコンサートを見れなかったボランティア・スタッフの為に、小さな会場で「ありがとうコンサート」をした時に、関西のママたちから子どもたちへ「ありがとう」の思いを込めて歌った曲。

♪君の笑顔が一番好きだから・・・君の笑顔がみんなを幸せにする・・・だから笑っていて・・・♪

モンゴル語訳の歌詞を見て子どもたちは泣いてしまいました。

840

 この曲をとても気に入って音源とひらがなの歌詞をもって帰った子がいました。

施設の朝の体操の後、この曲をよくかけてくれていて、

どの子も今ではすっかりみんな歌えるようになっていました。

 

9月, 2013

植樹のその後

date / 2013 . 9 . 29 10:21 PM

8月23日、大学生たちへの奨学金の授与を行いました。

 2226 (2)

施設に帰ってきてくれた大学生たちと記念写真です。

 2247

施設で暮らす弟・妹達が見守る中、奨学金授与式を行いました。

352

エレデネ先生より学ぶ機会をくださっている日本のみなさまへお礼の言葉のあと、おこずかいの3万トゥグルグを入れた目録を授与しました。

241 (2)

応援してくださっている人たちの思いを受けて、これからも勉学に励んで下さいね。

267

心を込めて、ひとりづつ封筒を手渡しました。

219

 「ベルナ・チャイルドサポート」の皆様、毎月、ベルナと一緒に施設を支援しています「ハミングバーズ」「モンゴル太陽の会」そして、全国の里親さんたち、すべてのサポーター様の愛ある支援のおかげさまで、大学生19名全員が奨学金をいただき、9月に入学、新学期を迎えることが出来ました。ありがとうございました。

 この後、エレデネ先生から各自、誓約書を渡されました。一生懸命勉強して、優秀の成績をおさめること、成績が振るわない場合は来年の奨学金はもらえない約束になっています。

344

この誓約書は、1年更新になっていて、大学生たちがサインをして提出します。

最後の大学生のスピーチが素晴らしかったので、改めてご紹介いたします。

9月, 2013

植樹のその後

date / 2013 . 9 . 29 10:21 PM

日本から子どもたちに会いに行くと、歓迎のセレモニーがあります。

初めての人は感動します。何回見ても嬉しいこのセレモニーは皆で輪になったところに、

モンゴル・日本・施設の旗を持った子どもたちが登場します。

1529 (2)

1523 (3)

モンゴルの国旗です。

1566

旗はお客様の代表と施設の代表で一緒に掲揚します。

1559

それぞれ、モンゴル国歌、君が代が流れます。

169

滞在中、旗は青空の下、気持ちよさそうに泳いでいます。

旗を揚げたら、全員で手を繋いで、輪になって歌います。

1572

施設の訪問中に、子どもたちに関する嬉しい出来事がいっぱいありました。

ブログで紹介してまいりますのでお楽しみに!

1601

 

9月, 2013

植樹のその後

date / 2013 . 9 . 29 10:21 PM

施設長のエレデネ先生の部屋に6月の来日中、東京ディズニ―ランドのミュージックフェスティバル出演の記念にいただいたオブジェが大切に飾られていました。

折しも東京ディズニーランドがオープンして30周年の記念の年。

子どもたちにとっても、一生忘れられない素晴らしい思い出をプレゼント出来ました!

289

また来年も子どもたちの為に、この素晴らしい企画に応募してみたいと思っています。

東京22-1

 

ところで、これは何でしょう?可愛いキャラクターですが、どこにあるでしょう?

 

302

正解は、女の子たちの建物(2階が女の子たちの部屋で1階は食堂になっています)の階段の壁に立体的に描かれた大きな絵です。

動物が助け合ってリンゴを取っている様子。これはモンゴルの小説なのだそうです。

4匹は兄弟でゾウが一番年下です。木になるリンゴを4人兄弟で力を合わし、ゾウ(年下)から支える。子どもたちが仲良く暮らすように願いをこめてここに描かれています。

子どもたちは施設の先生、お兄さんお姉さんから、いろんなことを指導してもらい育ちます。年齢の上下に関係なくみな仲良しで、何でも分かち合って生活しています。

2157

毎日、スケジュールが決まっていて、どの子も家事に勉強に忙しく過ごしています。小さい時から働きながら勉強することで大人になった時は、何でも出来る人になっています。モンゴルの今と昔のいいところを両方、教育に取り入れて成果を出しているのが「太陽の子どもたち」です。

 

 

 

9月, 2013

植樹のその後

date / 2013 . 9 . 29 10:21 PM

つい半月前は美味しそうな秋の木の実が収穫されダルハンの市場に並んでいましたが、モンゴルでは2,3日前にもう雪が降ったそうです。

今年は冬の始まりが早そうなモンゴルです。

例年より不作になりそうな小麦の値段の高騰も予想されています。

246 露地栽培の ジャガイモ畑は収穫を終えた頃でしょうか。

790この夏たくさん実ってくれた ビニールハウスのキュウリもそろそろシーズンが終わります。

317

円安や物価の高騰の中、子どもたちの為に日々、奮闘くださる施設の先生たちと、子どもたちの生活を支える日本の皆様の温かいお心に感謝です。モンゴルでは、これから長く寒い冬が始まりますが、引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

 

9月, 2013

植樹のその後

date / 2013 . 9 . 29 10:21 PM

冬の間にぼろぼろになってしまったビニールハウスでしたが、ベルナの支援でビニールを新調させていただきました。

8月はキュウリの収穫シーズン真っ最中でした。

314

中では、立派なキュウリがたくさん実っていました。

315

子どもたちは毎日、ビニールハウスの横にためた水をジョウロでくみ、水やりをします。

799

お天気のいい日はプール遊びの場に!水は濁っていますが、子どもたちの笑顔が炸裂します!

1154

このキュウリ、無農薬でとても美味しいです。食卓にも登場!

子どもたちは自分のキュウリ苗があり、ダルハンの市場に持っていき売ってきます。

施設では1キロあたりの値段を決めていて、子どもたちが頑張って、それよりも高く売ってくると、その差額をもらい学用品の足しにできるそうです。

1155

ある日の厨房では、冬に向けて「ピクルス」にも加工していました。

モンゴルのポテトサラダにピクルスは欠かせません。キュウリの収益は、先生方が会議して、毎月の支援金(子どもたちの食費など)には含まれない部分に大切に使われます。

9月, 2013

植樹のその後

date / 2013 . 9 . 29 10:21 PM

  残暑厳しい8月、モンゴルに行って参りました。

241

関東から5人、関西から4人が出発し、モンゴルのチンギスハーン国際空港で合流しました。

モンゴルの8月は少し肌寒く、秋です。空港からダルハンまでは車で約4時間。

249

車中から、色を落とした草原に見えるは、羊・羊・羊!

あいにくの雨ですが、雨あがりには美しいWレインボーが見れました!

546931_482756748486429_1926303266_n

モンゴルでは虹は珍しくないそうですが、虹の根元を初めて見てみんなで感激しました。

幸せな予感♪ 施設に到着すると、子どもたちは車の到着を待っていてくれて歓迎のハグの嵐で迎えてくれました。

573

いつもの朝の体操の風景♪

780

9月から新学期、3か月の長い夏休みもそろそろ終わりです。

子どもたちの様子はブログでご紹介していきますので、お楽しみにお待ちください。