自立支援プロジェクト agriculture project

自立支援プロジェクト

date / 2016 . 6 . 16 9:56 AM

ベルナチャイルドサポートでは、2011年の東日本大震災をきっかけに、日本に何があっても、子ども達がモンゴル国内で収入を生み出し、自立し生きていけることの必要性を痛感し、様々な自立支援プロジェクトを立ち上げ模策してき

ました。

日本国内や海外から農業の専門家を招聘、モンゴルまでお連れして施設の敷地内で農業の指導をしていただいたり、

名称未設定

パンの専門家をお連れして、先生や子ども達にパン作りの指導をしていただいたり。

名称未設定_1

名称未設定_2

とにかく日本からの支援に頼らずとも、施設の先生や子ども達で自立できる道はないかと、いろいろと考え、試してきましたが、なかなか光が見えず、この数年間悩み続けました。

 

2014年のある日、理事で車事情に詳しい浅羽さんや先生方と皆で、ウランバートルの中古車市場を廻ってダルハンに戻った時、砂嵐で車のドアが開かなくなり、洗車場に行く事になりました。

その時、行列ができた洗車場を見た浅羽さんが、洗車ビジネスをやろう!!とひらめき、エンヘ先生やテムルン先生と具体的な調査に入りました。

 

当時は円が弱く、モンゴルは建設ラッシュの時期でもあり、建築費が高騰していてとても実現出来る金額ではなく、一時棚上げの案件にせざるを得ませんでした。

 

その後、ハート・オブ・エンジェルの代表の堀江征子さんと、建築費を共同負担で洗車場プロジェクト現実化の方向で話が進みました。

何度と無く会議を重ね、施設にも足を運びました。

 

また、モンゴルの急速な不景気で建築費も若干下がり為替の恩恵もあり、念願だった夢が現実へと動き出しました。

 

そして、2016年6月19日、

ついに洗車場『SAKURA Japan Car Wash』が完成し、オープニングセレモニーを開催することになりました。

路地栽培でも収穫!

date / 2013 . 11 . 7 11:58 PM

夏休み、子どもたちがダルハンに帰ってきていた大学生のお兄さんたちと一緒にお世話していたのは路地栽培のジャガイモ畑でした。

1073

1206

こちらには人参。 1210

自然栽培のジャガイモ、本日の収穫はこちら!

1089 (2)

カメラに気づいて手を振ってくれました。

1125

向こうにモンゴルの移動式住居「ゲル」がふたつ見えますね。

先月、初雪が降った日の写真が先生から届きました。

モンゴルはとても寒いですが子どもたちはみんな元気にしているそうです。

1383867_530829343676762_211014526_n

 

立派に収穫中

date / 2013 . 9 . 8 2:48 AM

冬の間にぼろぼろになってしまったビニールハウスでしたが、ベルナの支援でビニールを新調させていただきました。

8月はキュウリの収穫シーズン真っ最中でした。

314

中では、立派なキュウリがたくさん実っていました。

315

子どもたちは毎日、ビニールハウスの横にためた水をジョウロでくみ、水やりをします。

799

お天気のいい日はプール遊びの場に!水は濁っていますが、子どもたちの笑顔が炸裂します!

1154

このキュウリ、無農薬でとても美味しいです。食卓にも登場!

子どもたちは自分のキュウリ苗があり、ダルハンの市場に持っていき売ってきます。

施設では1キロあたりの値段を決めていて、子どもたちが頑張って、それよりも高く売ってくると、その差額をもらい学用品の足しにできるそうです。

1155

ある日の厨房では、冬に向けて「ピクルス」にも加工していました。

モンゴルのポテトサラダにピクルスは欠かせません。キュウリの収益は、先生方が会議して、毎月の支援金(子どもたちの食費など)には含まれない部分に大切に使われます。

今年2013年も、農業自立支援を行ないます!

date / 2013 . 5 . 7 4:38 PM

モンゴル国ダルハン市の「太陽の子ども達」に来ています。

 

夜、姿が見えないなぁと思って探していたら、夜遅くまで子ども達は、畑を耕してました。

先生の姿はないのに、ホントによく働く子ども達。

 

エレデネ先生の教育方針の大きな柱で、子供は働く事で成長するのだそう….。

笑いながら楽しそうに遊び感覚で働いていました。

日本の教育に欠けてるとこかもしれませんね。

 

今年もベルナは「農業支援活動」を行ないたいと思っています。

ただ風が強く、しばらく雨が降らないと猛烈な砂嵐が吹きまくる環境では、ビニールハウス自体がすぐにボロボロになってしまいます。

 

今回ベルナからは、破れたビニールハウスの修復と、キュウリやキャベツ、カブやニンジンやジャガイモ等、農業プロジェクトの為の支援金を現地通貨で振り込みました。

食用は勿論ですが、キュウリを子ども達が夏休みに売りますので、かなりのお金が生まれます。

昨年はその利益で、施設の壁を修復できました。

ページ1234