素晴らしい保育園!

date / 2012 . 6 . 5 12:00

『第12番保育園』の子どもたち。

訪問する度、子ども達の方も覚えてくれて、目覚ましい成長も分かり楽しい時間です。

この女の子は、親が失踪し、貧しい親戚に育てられていますが、そこでいじめられ全く最初入園した当初は笑えませんでした。

今は花が咲いたような笑顔で幸せそうで嬉しかった……….!

カメラを構えると、撮って欲しくて離れない子どもや、アピールしてくる子どももいて本当に可愛い!

 

この女の子は、幼稚園全体のパフォーマンスコンテストで優勝した子です。

私たちの前で、可愛い歌を披露してくれました。

極貧の生活からこの天使が元気に羽ばたけますようにと祈らずにはいられません。

おトイレの最中に、ちょっと失礼しちゃいました。

あまりにも可愛い双子の姉妹です。

小さすぎる年齢ですが、あまりに育てるのが困難な家庭で、保護される事になりました。

照れ屋さんで、みんなの前で歌を歌うのは苦手な女の子。

でも、教室ではこんなに素敵な笑顔で!

おてんばそうな女の子。

笑顔の天使そのもの。

緊張しながらも、一生懸命に楽器を演奏してくれた女の子たち。

この幼稚園は、楽器を教えることにとても力を注いでいます。

子ども達の能力をどんどん開花させて素晴らしかったです!

この子達は全員が、本当に貧しい家庭の子ども達で、週末だけ自宅に戻ります。

毎週月曜日に保育園に通園してくる時には、本当に疲れた表情で戻って来るそうです。天国と地獄を行き来するような….そんな体験をこんなに小さな頃から体験していて胸が痛みます。

靴も衣類もボロボロでお風呂も入らず戻って来るため、24時間保育園の先生たちは、綺麗に洗濯をし清潔な衣類に着がえさせて保育しています。

この先生方の辛抱強い努力があってこそ子ども達の笑顔があります。

この園長先生は、子どもだけではなく親たちにこそ深い愛情と教育が必要だと言われます。

子どもを幸せにするには、親達こそが、前向きに幸せにならなければいけない、というポリシーのもと、親への教育プログラムも始めたそうです。

その結果、以前はアル中だったり、子どもとの接し方が分からなかったような親達が、少しずつ前向きに努力して、経済的にも自立できるよう努力を始める親が増えて来ました。

これは、負の連鎖を断ち切る為に素晴らしいことで大変感動いたしました.

本当に素晴らしい園長先生(右側の方)は、ダルハン市で何度も表彰されておられる方。

ご自身がとても貧しい幼少期を送られたご経験から、子ども達を救いたい一心で、この重労働である24時間保育園を引き受けて下さっています。

ベルナがご縁をいただけたことにあらためて感謝です。