コンサートまでのお楽しみに!(2010年・コンサートより①)

date / 2013 . 3 . 29 02:49

桜の花が開花し、春らんまん、子どもたちに会える6月を待ち遠しく思います。

モンゴルも一番寒い時期は終わりました。子どもたちも皆さまにお会いできることを楽しみにコンサートの練習に励んでいます。

こちらの写真をご覧いただき、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。

コンサートは、ベルナ・チャイルドサポートの辻代表の司会でモンゴルの子どもたちの現状報告、特別ゲストに東京より佐々木品愚上人をお迎えし講話いただきました。

手話通訳もあり、涙を流されながら手話通訳をしてくださったのが印象的でした。

今回も大阪会場(6/29)では、手話の必要な方はFAXで受付させていただきます。

2部のコンサートの幕があき、子どもたちが登場しました。

女の子たちは先がとがった帽子をかぶっています。

オープニング演奏の中、太鼓を持ち、モンゴル・シャーマンの姿で登場。

モンゴル国立芸術大学で舞踊科2年生だった彼も、現在は4年生になりました。

現在、芸術大学の舞踊科には1~4年まで4人の子どもたちが学んでいます。

見事な踊りを披露してくれた、この子たちは現在大学生です。

この中から4名が6月のコンサートメンバーに選ばれています。

 

子どもたちは14名が来日予定、ベテランメンバーと今回、初めて来日する小さな子たちもいます。

小さい子は、芸能の能力はもちろん、滞在中はホームスティをしますので、日頃の生活態度なども含めた全般を見て、先生方が相談されメンバーが選ばれています。