コンサートまでのお楽しみに!(リハーサル風景)

date / 2013 . 4 . 9 16:08

もう少し子どもたちのコンサートの写真を見たかった方のために、リハーサルの風景を紹介いたします。

モンゴル衣装の華やかな姿は6月までのお楽しみになさっていてください。

 

リハーサルも本番さながらに一生懸命です。

来日中は日本の各地でコンサートをしますので、場所によって、演目やホールの規模なども変わってきます。

初めての関西でも子どもたちはリハーサルから本番まで頑張ってくれました。 前後にミニ・コンサートもこなし、関西の4泊は大変ハードスケジュールでしたが、疲れているはずなのに、いつも楽しそうで素敵な笑顔の子どもたちでした。

そんな中、北九州から移動してきた飛行機に預けていた施設の楽器「馬頭琴」の頭に近いところが折れてヒビが入ってしまい、滞在の初めころには少し元気がなかった馬頭琴奏者の男の子がいました。

黒い素材の軟らかいケースだったため他の荷物にぶつかったのでしょうか? 木材用の接着剤が効いてから、ほっとしたのか元気になりました。

それから2年、立派なハードケースに入った楽器の写真を目にして、ベルナ・チャイルドサポートのお母さんたちはほっとしました。

ところで、モンゴルの素敵な子どもたちのために集まるボランティア・スタッフもやっぱり素敵な人たちの集まりでした。

当日は関西を中心に東京・沖縄などからも参加です。

客席にみんなで集合し記念撮影しました。

初めての関西でも、子どもたちのファンがいっぱい出来ました。

 

2013年6月には、子どもたち14名、先生4名の18名が来日いたします。

東京で大阪で子どもたちに会えること、楽しみにおまちくださいね。