いわきコンサートの前日(2018/11/15)です!

date / 2018 . 12 . 15 12:53

翌日11月15日は、コンサートの前日。

コンサート会場近くのホールをお借りしてリハーサルをしました。

福島県で、3年連続のコンサートになります。

今回のコンサートでは、卒業生のバヤラーが一人で何役もこなす大活躍でした!
モンゴル国立芸術大学を首席で卒業するも、モンゴルでは仕事がなく、日本に電気工を目指し神戸に来たバヤラーが、たまたまバレエのレッスンを受ける機会をいただき、努力の甲斐あって、スイスへバレエ留学する枠を勝ち取り、2年後にはドイツのギーセン市のバレエ団で1年間プロのダンサーとして活躍しました。
今年の夏にモンゴルに帰国したバヤラーが、施設のダンスの先生として子どもたちを指導、また、コンサート演目の振り付けや構成、日本語能力を生かして通訳まで、こなしてくれました。


コンサートでは、バレエの専門であるコンテンポラリーダンスも披露してくれました。

舞台監督、照明、司会は毎回同じ方々にお願いしていて、監督たちとの再会を喜びつつ、リハーサルは順調に終了しました。

 

前の日に、15歳の誕生日を迎えた初来日のナムナにはサプライズのケーキが登場!!

みんなと一緒にハッピーバースデーを歌っていたナムナは自分のところにローソクが15本乗ったケーキが来て、びっくり。初来日の幸せな思い出が出来ました。

 

リハーサルを終えて宿泊先に戻り、子どもたちは明日に備えて昼寝をしました。

今回は初来日の子どもが6人もいて体調管理も万全にされていました。

一方で、来日経験豊富な卒業生と先生の大人たちは、今日もプールへ。

ホテルのご厚意でいただいた回数券で、ウォータースライダーを大満喫してきました。

夜は、全員でハワイアンズのファイヤーショーやフラダンスショーを楽しみました。