活動報告ニュース

踊りも曲芸もばっちり決まりました!

date / 2014 . 9 . 5 03:07

コンサートの中盤は、

昨年のコンサートで初披露し、大変好評をいただいた「ハラヒラン・トロゴウド」

モンゴルの少数民族「トロゴウド族」の踊りを現代風にアレンジして踊ります。

583

572

踊りが終わると、次は大きなスクリーンに「3・11」そして、コンサート会場のある兵庫県でおきた「阪神淡路大震災」の様子が映し出されました。

DSC_0187

その時に、臼井真さんという方が作詞・作曲された歌が、復興のシンボル曲として約20年、大切に歌い継がれています。臼井先生が舞台に登場し、「しあわせ運べるように」の指揮をしてくださいました。

DSC_0190

子どもたちは、日本語の歌詞をモンゴル留学生がモンゴル語に訳してくれた歌詞をもらい、

事前に歌の意味を学んでいます。3・11の時も、子どもたちはモンゴルでコンサートをして、寄付を呼び掛け日本大使に届けてくれました。

そして、舞台が暗くなり・・・

664

モンゴル国立芸術大学の舞踊科で学んでいるふたりが登場!

見事な踊りを披露してくれ、去り際にモンゴル国旗を模した台の上の黒い布を持ち去ります。

中からピンクの衣装の女の子がひとり現れ、驚くような体の柔らかいポーズを連発。

今回のコンサートの為に、今年も株式会社シェイプ様が、立派な曲芸台を作ってくださり、提供いただきました。

DSC_0332

子ども達の曲芸に客席から感嘆の声が聞こえてきました。むずかしい曲芸を立派に成功させ、舞台裏で、施設長のエレデネ先生たち、子どもたちは全員この男の子を大変ほめたそうです。

672

こちらは「ヤトガ」と呼ばれる琴の演奏。コンサートはまだまだ続きます。

コンサート第2部スタートです!

date / 2014 . 8 . 23 01:08

DSC_0006

第2部は「太陽の子どもたち」のコンサート、オープニング演奏の様子です。

546

舞台の正面と右側に2人のカメラマンがスタンバイ!

今回もボランティアスタッフで参加いただきました。

552

オープニングの後はモンゴルの衣装に身を包んだ3人の女の子が

モンゴル民謡「ウレムージン・チャナル」を歌ってくれました。

次は、日本でもすっかりおなじみの「ホーミー」ふたつの音を同時に出すモンゴルの歌唱法。

貫録あるその声に「感動しました」とたくさんの方から感想をいただきました。

561

DSC_0017

こちらは「ホソ・モリトン」という踊りです。モンゴルの夏のお祭り「ナーダム」の時に、デールという民族衣装を着て集うモンゴル人の男女の姿を踊っています。

563

なんとも色鮮やかなコンサート衣装や帽子は、すべて施設の先生や卒業生、子どもたちによる手作りです。コンサートはまだまだ続きます。

 

 

 

いよいよスタート♪

date / 2014 . 8 . 12 03:37

コンサートの開場時間は5時半、開場までに、多くの方にお並びいただきました。

夕方とはいえ、まだまだ暑い中、楽しみにお越しいただきありがとうございました。

DSC_9586 (2)

開場したホールのロビーでは、子どもたちがモンゴルで作った作品などを販売させていただきました。先生方は、コンサートの物販も注力されて、モンゴルから、コンサートに向けて、たくさんの作品を作り、持ってこられます。

DSC_9623

手書きの双六ゲームです。

羊のくるぶしの骨がサイコロの役割をします。

服やカバンもすべて先生や子どもたちの手作りです。

DSC_9643

DSC_9565

 DSC_9569受付でプログラムを配らせていただきました。

いよいよ、コンサートの第1部が開演です!

532

おかげさまで、1階のお席は満席になりました。

DSC_9742

ベルナの辻代表理事による、モンゴルについてのお話。

DSC_9725

コンサートの2日前、国際ソロプチミスト神戸東の皆様が子どもたちに七夕パーティをご用意くださり、温かくおもてなししてくださいました。これは、その時の笹飾りの短冊です。

コンサートでは、子どもたちへ、横綱白鵬よりいただいたビデオレターのメッセージのご紹介もありました。

DSC_9663

楽屋では色とりどりの衣装がキレイにアイロンをかけられてスタンバイ。

第2部も開演いたしました!

DSC_0006

オープニングの演奏です。

モンゴルの青い空のような背景に白い衣装が美しく映え、素晴らしいオープニング演奏でした。

 

コンサートのリハーサル風景

date / 2014 . 8 . 5 17:00

 

7月8日は 来日の一番大きなメインイベント、

国際ソロプチミスト神戸東認証30周年記念のチャリティコンサートでした。

コンサートホールのある兵庫県「尼崎アルカイックホール」に朝9時に集合!

子どもたちは関西各地(兵庫・大阪・奈良)のホームステイ先から集まりました。

ホールに隣接のホテルで宿泊されていた先生と、子どもたち、スタッフリーダーたちで朝の集合写真です。午後からも多くのボランテイアの方にスタッフのご協力をいただきました!

511

スタッフは担当に分かれてそれぞれ設営に、子どもたちは楽屋入りしてリハーサルに臨みます。

オープニング演奏のリハーサルです。黒い服の真ん中の方は、かねてより「太陽の子どもたち」の日本各地のコンサートで舞台監督をずっと担当され、子どもたちも毎回、再会を楽しみにしている、宮城英雄監督。沖縄からかけつけてくださいました。

551

DSC_0880

黒いTシャツのみなさんは、舞台のボランテイアスタッフ。

DSC_8854

今回、 大きな馬頭琴が初登場しました。弦の部分は取り外して運べます。

448 (2)

 昨年のコンサートでも大好評だった「ハラヒラン・トロゴウド」のリハーサルです。

本番に向けて、汗をいっぱいかきながらのリハーサル。

DSC_8977

631

舞台のそで、曲芸の子どもたちが練習に励んでいました。

子どもたちはこの日の為にどれだけ練習を重ねてきたのでしょうか・・・。

もうすぐ、コンサートが始まります。

525