活動報告ニュース

みんなサプライズで大喜び!

date / 2012 . 5 . 25 11:00
今回も、日本から大量の衣類や靴などをハンドキャリーしました。 さっそく我々にはサプライズで、みんなが衣装を着て、笑顔でファッションショーを開いて、踊りや歌、隠し芸で感謝の気持ちを表現してくれました! いつもながら笑いあり驚きありの、本当に素晴らしいパフォーマンス! ウランバートル市議会議員のガンバータルさんも、大切な選挙前のご多忙な中、お仕事を終えてから片道3時間 車を走らせて、現役のモンゴル代表サッカー選手を連れて「太陽の子どもたち」を訪問してくださり、サッカーボールやユニフォーム、ケーキなどをご寄付いただきました。 大喜びの子どもたちでした!

輝かしい表彰

date / 2012 . 5 . 10 12:00

双子の兄弟、エンフジンとムンフジン。

ウランバートルで開催された体操のモンゴル国内大会で、団体競技で金メダル、ペア競技で銀メダルを獲得して、帰って来てくれました。

将来のオリンピック候補選手です!

暖かな昼下がり、みんなで仲良く施設の庭でランチタイム。

ダルハン1日目

date / 2012 . 5 . 9 14:11

ウランバートル到着の翌日8日午後には、約4時間のドライブの後、ダルハンの「太陽の子どもたち」に到着しました。

さっそく具体的な打ち合わせ。

ダルハンは、フェルトの原産地なので、日本から持ち込んだフェルト製品を参考に施設で作る新製品の打ち合わせ。

まずは愚道さんより、自然農法についての説明がありました。

施設内の造成予定地の広さや土壌の質を確認していただいてから、いま施設が持っている道具も確認。

地元の政治家が提供してくれるかもしれない土地を再度訪問。

昨年10月に来た時には川だった場所も、この時期には干上がってしまっていました。

やはり農業をするなら、井戸を掘るしかありません。

 

ただし、土壌はとても肥沃だそうで、ちゃんとした指導の元で進めて行けば、素晴らしい農作物が収穫できる可能性も。。。

新しい未来が拓ける予感がして、風は冷たいですが、エレデネ先生とワクワクでした!

さっそくザハ(地元の市場)に行き、農作業用の道具を仕入れてきました。

休む間もなく、働いてくださる愚道さん。

 

農業支援プロジェクトでモンゴル入り!

date /  00:43

昨日ウランバートルに到着。

今回は、農業支援を目的として遠くスコットランドから自然農法のプロフェッショナル愚道(ぐどう)さん(右から3人目)にいらしていただきました。

モンゴルでベストセラーになった『恋と革命のモンゴル』の著者ガンバータル市議会議員(真ん中)とお食事会でした。

ウランバートルの孤児院で、サッカーコーチもされているとのことで、「太陽の子どもたち」でも教えに来てくださることになりました。