太陽の子供達から!

date / 2011 . 3 . 15 20:34

沢山の方々に支えていただいているモンゴルの保護施設『太陽の子供達』の子供達もエールを送ってくれています。

世界中が今日本のために心を寄せてくれているんですね。

ありがたいですね。

以下、施設長エレデネ先生からです

↓↓↓↓↓↓↓↓

辻さん

 

辻さんのことを元気でいらっしゃているのを聞いて安心しました。

毎日、太陽の子供達の皆は日本被害のニュースを見て胸が痛み、涙も出ています。

モンゴルの大統領は哀悼して百万ドルの支援を送るようになりました。

大統領はモンゴルの国民に対して被害になっている日本の被害者に手伝うのに呼びかけて、全国募金を集める活動がありました。

モンゴルの団体は一週間のご給料を募金としてくれています。

 

太陽の子供達も出来ることをするのに努力しています。

国は毎月各人に21.000トウクリクをくれています。

子供達はその毎月の21.000トウクリクを、先生達は5日の給料を日本の被害者に募金としてくれるのになりました。

 

また、ダルハンとウランバートルでは募金を集まるのに芸術コンサートをするようになりました。私達は出来ることを出来るだけします。

モンゴルの一番大きな募金している国は日本です。だから、各モンゴル人の胸が痛みです。

 

太陽の子供達の先生達と子供達もニュースをみて胸が痛み、涙も出ています。保育園の子供達のお母さんたちは貧困生活をしているのにも、自分達の出来ることをしたいと言いました。私も嬉しくなりました。

 

地震と津波のせいで住宅なくなった日本の被害者の子供達を太陽の子供達の施設に生活させば宜しいですかとの可愛い意見を出しました。

 

太陽の子供達