山口順子さん、耕正くんから。

date / 2011 . 8 . 31 00:51

10歳の息子と一緒にモンゴルの子どもたちに会いに行ってきました。

 

「太陽の子どもたち」に着いたのは夜遅く、女の子の建物で宿泊と聞いた息子は、男の子の建物を希望して、小さい男の子たちの部屋に行きました。でも、言葉がわからないので初日は「とりあえず寝た」そうです。

 

ぴかぴか笑顔の子どもたちが準備してくれた催しは、毎日何があるのか楽しみでした。小さい子たちの歓迎コンサートは、衣装を着ているだけでも愛らしいのに、演技も素晴らしくて感動の涙、涙。夜も10時くらいまで日が落ちなくて子ども達とたくさん過ごせて1日が長く感じます。貧困家庭の訪問をして、子どもたちが施設にたどり着くまでの過酷な環境も想像できました。生き抜いてくれてありがとう!施設は物は十分にありませんが、子どもたちは今に感謝して、いつも仲良く助け合って生活し、先生や日本の家族とも、血縁でなく心で繋がってる「幸せ大家族」のようです。

ある夜、男の子の部屋に行ってみると、みんなベットの中、小さな寝顔を見てると涙が出そうになりました。まだ寝ていなかった2人の背中をゆっくり「とんとん」すると嬉しそうな顔をして目をつぶりそのまま寝てしまいました。

 

最後に…ザハ(市場)では最近、玉ねぎ、人参などがかなり値上がりしたそうです。普段から少ない量の食事を感謝していただき、つつましい生活を送る中、東日本大震災には心を痛めて、コンサートを開催して義捐金を作り、政府から支給されたひと月分の生活保護金までも日本大使に差し出した心優しい天使のような子どもたちを誇らしく思います。

そんな素敵な子どもたちとのご縁の輪が広がりますように!

山口 順子

 

お母さんといっしょにモンゴルに行きました。

 

モンゴルは広くて空気が乾燥していて道に牛が歩いていてビックリしました。

 

言葉が通じないので最初は仲良くなれるか心配でしたがいっぱい友達が出来ました。サッカーやバスケをして仲良くなったウーレーと毎日いっしょにシャワーをしました。

テレルジ川にみんなでバスに乗って行った時はぼくたちが遊んでいる間にお兄さん達が羊の肉を解体して「ホルホグ」という料理を作ってくれました。とてもおいしかったです。

お別れの時は悲しかったです。またモンゴルに行きたいし、みんなも練習をがんばって日本にコンサートに来てぼくの家にホームステイしてほしいです。

山口 耕正(こうせい)