モンゴルの路上で暮らす子供たちを一人でも多く救いたい。ベルナ・チャイルドサポート

ベルナチャイルドとは?

ベルナ・チャイルドサポートは、「モンゴルの親の無い子どもたち・障害児」の支援を目的として設立しました。モンゴルは、1991年のロシア経済の崩壊に伴い国の経済が壊滅状態となり、様々な困難に襲われました。そんな困難な国の経済状態は今もなお続いており、多くの貧困層では物価が急騰したことにより、一層悲惨な状況となってきています。このような状況下、モンゴルダルハン市にある保護施設「太陽の子どもたち」では、貧しさのため、親に捨てられ、また生き別れた子どもたち40名を保護し義務教育を受けさせ、素晴らしい教師たちにより、子どもたちが自立し強く生きて行けるよう愛情深く細やかな教育がなされています。しかし、国の援助は無く、経済的にも大変で、存続が危ぶまれていたこの施設の支援から、始まりました。

また、親がいても貧しさのために食事を与えられない未就学児のために月曜日から金曜日まで預けられる「24時間保育園」の支援を開始し、親と、子ども共にサポートしています。最近ではダルハン市唯一の「障害児のための保育園」支援もスタートし、教師、医師の増員を始め、収容人員を増やすことができました。さらに親の負担を軽減するために、送迎交通費の8割負担も始めました。私たちは、「太陽の子どもたち」と出会いからすべてが始まりましたが、さまざまな過酷な運命を背負った子どもたち、親たちが逆境にも負けず懸命に生きていく姿に心を打たれました。一人でも多くの子どもたちが、希望の持てる、人を信じられる人生を自らの力で掴み取れるよう、生き抜く力を蓄えるお手伝いをしていきたいと思います。できることはささやかですが、こうした想いから、支援団体「ベルナ・チャイルドサポート」を2008年に設立し、現在、生活支援、教育支援、医療支援、自立支援活動を行っています。

支援内容

2008.2 辻由香里個人として孤児院「太陽の子どもたち」への支援活動をスタート。
2008.5 ベルナ・チャイルド・サポートを設立。
2008.9 「24時間保育園」と「障害児施設」への支援活動をスタート。チャリティ・イベント主催。
2008.11 埼玉での「太陽の子どもたち」チャリティコンサートを協賛。マンスリーサポーターシステムがスタート。
2009.1 ベルナ独自での支援金の直接送金がスタート。「24時間保育園」を80名、「障害児施設」を20名に増やす。
2010.11.19 大阪会場: 大阪中之島 中央公会堂(1000名会場)
2010.11.22 東京会場: 世田谷区民センター(1200名会場)